ディズニーシーの食事

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る

ディズニーシーの食事について

ディズニーシーの食事は
基本的にディズニーランドの食事よりも美味しいと、私は個人的には思っています。

ただ、中にはあまり美味しいとは思えない食事もありますが、
ディズニーランドよりは食事の水準が高いです。

また、ディズニーランドではアルコール飲料は販売されていないのですが、
ディズニーシーではレストランによってはアルコール飲料が販売されています

これはディズニーランドと比べて大人向けのイメージだと言われている
ディズニーシーらしい特色かもしれませんね。

ミニーの画像【TDSのポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル】

独断と偏見ではありますが、
私のおすすめのディズニーシーのレストランをご紹介させてもらいます。

(お値段は安くありませんが、ディズニーシーの中にある
ホテルミラコスタのレストランも美味しいのでおすすめです。
詳しくはホテルミラコスタのページをご覧下さい。)

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る

ケープコッド・クックオフ (マイ・フレンド・ダッフィー)

ケープコッドに「ケープコッド・クックオフ」という飲食店があるのですが、
そのお店では【マイ・フレンド・ダッフィー】というショーを見ながら食事ができます

ディズニーランドには
食事をしながらキャラクターショーが楽しめるレストランがありますが、
そのお店は予約制で料金も食事内容から考えると割高だったりします。

ですが、ケープコッド・クックオフは予約制ではありませんし、
メニューはハンバーガーやポテトなどとなっていて、お値段もリーズナブルです。

(個人的には、シーフードチャウダーがお気に入りです。)

メニューは
ハンバーガーが320円、
コッドフィッシュバーガーが380円、
シェイカーサラダが310円、
シーフードチャウダーが310円・・・・などです。

また、ハンバーガーにポテトと飲み物が付いたセットメニューもあります。
セットメニューは単品の料金にプラス410円となっています。
(もちろん、他にもメニューはあります。)

マイ・フレンド・ダッフィーの画像

マイ・フレンド・ダッフィーは人気があるので、
店内が混雑しやすいです。

ですので、混雑具合によっては
お店の利用時間に制限がかかる時があります。
(特に混雑している日は整理券が配られることもあります。)

下の画像は、マイ・フレンド・ダッフィーの制限時間が書かれたカードです。

制限時間は1時間位で、
この制限時間の書かれたカードをテーブルに置いて食事をします。
(混雑状況によって、制限時間は変わってきます。)

マイ・フレンド・ダッフィーの画像 マイ・フレンド・ダッフィーの画像

ケープコッド・クックオフに入店したら、
まずは食事を注文して、食事を受け取ってから
キャストの案内に従って席に着きます。
(キャストの案内を受ける時には、全員揃っていないとダメです。)

この時、席は自分では選べません。
空いた席にキャストが案内してくれるので、それに従います。

また、ショーの公演中に席の移動はできません。

マイ・フレンド・ダッフィーの画像 マイ・フレンド・ダッフィーの画像

マイ・フレンド・ダッフィーは
その名の通り、ダッフィー(上の画像のクマさん)が主役のショーとなっています。

ショーは『ミッキーとダッフィーが冒険に旅立つまで』と
『シェリーメイが誕生するまでの物語』の2部構成になっていて、
その2つのショーを繰り返し上演しています。

1つのショーの時間は10分位で、
ショーとショーの間には、数分の休憩時間が入ります。

マイ・フレンド・ダッフィーの出演キャラクターは以下となっています。

  • ダッフィー
  • シェリーメイ
  • ミッキー
  • ミニー
  • ドナルド
  • デイジー
 マイ・フレンド・ダッフィーの画像

ケープコッド・クックオフの店内は左右二つに分かれているので、
もし 『ダッフィーのショーを見ないで、のんびりと食事だけを楽しみたい・・・・・』という方の場合は
ダッフィーのショーを上演していないエリアがあるので、そちらで普通に食事だけを楽しめます。

また、ケープコッド・クックオフの営業時間内であっても
マイ・フレンド・ダッフィーがずっと上演されている訳ではありません。

マイ・フレンド・ダッフィーの最終ショーは
17:00〜19:00位になっていることが多いですので注意して下さい。
(最終ショーの時間は、日によって違います。)

日別の最終ショーの時間は、ディズニーの公式サイトでチェックしてみて下さい。
毎月10日以降に翌月末までのショーの時間が分かります。
マイ・フレンド・ダッフィーのショースケジュール

マイ・フレンド・ダッフィーの画像 ディズニーシーのケープコッドの画像

マイ・フレンド・ダッフィーは店内で行われているショーですので、
雨などの天候に左右されることなく上演しています。

ですので、せっかくディズニーシーに来たのに雨でお昼のショーが中止に・・・・という時でも
マイ・フレンド・ダッフィーでしたら中止にはなっていません。

また、マイ・フレンド・ダッフィーは
小さなお子さんが楽しみやすい内容となっていますので、
家族連れの方に特におすすめです。

▲ページの先頭へ戻る

ホライズンベイ・レストラン

ポートディスカバリーに【ホライズンベイ・レストラン】という飲食店があるのですが、
そのお店ではキャラクターグリーティングをしながら食事ができます

「ディズニーキャラクターダイニング」といって、
食事をしているとディズニーキャラクターが各テーブルを順番に回ってきてくれるので、
一緒に写真を撮ったりして触れ合えるのです。

食事内容に違いはあるのですが、
アンバサダーホテルにあるシェフミッキーと似た感じです。

TDSのホライズンベイ・レストランの画像

ホライズンベイ・レストランで会えるキャラクターは以下となっています。

  • ミッキー
  • ミニー
  • プルート

日によってキャラクターダイニングの実施時間は違ってきますので、
日別の実施時間はディズニーの公式サイトでチェックしてみて下さい。
ホライズンベイ・レストランの月間スケジュール

(キャラクターダイニングは、
ディズニーシーの閉園時間までずっと実施されている訳ではありません。)

また、混雑している時は
キャラクターダイニングが終了する時間よりも前に、
定員オーバーでレストランへの案内が終了となってしまうので注意して下さい。

TDSのホライズンベイ・レストランの画像

ホライズンベイ・レストランはステーキやグリル料理のレストランなのですが、
食事内容だけで考えると同じ料金を払えば
もっと美味しいレストランがディズニーシーにはあるようにも私は感じました。

ですが、このレストランの最大の魅力は
キャラクターグリーティングです!

パーク内のフリーのグリーティングとは違い、ホライズンベイ・レストランなら
確実にディズニーキャラクターが自分が食事をしているテーブルに来てくれるので、
キャラクターグリーティングを楽しみたい方にはおすすめのレストランです。

TDSのホライズンベイ・レストランの画像

キャラクターダイニングの料金は
大人が3,020円、4才から8才のお子さんが1,730円です。

キャラクターダイニングではなく、
ただお食事だけを楽しみたい場合は別のメニューがあります。

その場合のメニューは
「セレクトファイブセット」2,040円などがあります。
(メイン料理が1品、スープ・サラダ・デザートの中から2品、
パンまたはライス、ソフトドリンクがセットになっています。)

▲ページの先頭へ戻る

リストランテ・ディ・カナレット

メディテレーニアンハーバーにある
イタリア料理のレストランです。

お値段は安くありませんが、
美味しい料理の多いレストランだと思います。

メニューは
マルゲリータピザが1,850円、
パンチェッタとポルチーニのクリームソースパスタが1,650円、
サラダが570円、
ミネストローネが520円、
ティラミスが520円・・・・などです。
(もちろん、他にもメニューはあります。)

ミニーの画像【TDSのレジェンド・オブ・ミシカ】

暖かい季節には、運河の風景も楽しめるテラス席が人気です。

ワインなどのアルコールメニューがあって
雰囲気も良いレストランなので、カップルにもおすすめのレストランです。

ただ、人気のあるレストランなので
混雑日は出来ればプライオリティ・シーティングを利用された方が良いです。

リストランテ・ディ・カナレットは、プライオリティ・シーティング実施レストランです。
プライオリティ・シーティングについては、リンク先のページをご参照下さい。)

▲ページの先頭へ戻る

レストラン櫻(さくら)

アメリカンウォーターフロントにある
ディズニーシー唯一の和食レストランです。

和食好きの年配の方と一緒にディズニーシーに行かれるとしたら、
やっぱりこのレストランがおすすめです。

ディズニーランドの和食レストラン「れすとらん北斎」よりも
レストラン櫻の方が美味しいと私は思います。

TDSのお正月のショーの画像

メニューは
ちらし寿司(小鉢、赤出汁付き)が2,060円、
魚料理(ご飯や小鉢、赤出汁付き)が1,930円、
てんぷら盛り合わせ(ご飯や小鉢、赤出汁付き)が2,040円、
生ビールが770円・・・・などです。
(もちろん、他にもメニューはあります。)

レストラン櫻は、プライオリティ・シーティング実施レストランです。
プライオリティ・シーティングについては、リンク先のページをご参照下さい。)

▲ページの先頭へ戻る

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ

メディテレーニアンハーバーにある
イタリア料理のお店です。

同じイタリアンでも
上記の【リストランテ・ディ・カナレット】とは違って、
リーズナブルな価格のお店となっています。

ですが、お値段が手頃な割に味が悪くない物が多いです。

メニューは
トマトとモッツァレッラのピザが670円、
スパゲッティ・ボロネーゼが700円、
シーフードドリアが820円、
ミネストローネが300円・・・・などです。
(もちろん、他にもメニューはあります。)

メイン料理にサラダ、デザート、飲み物がセットになった
期間限定のスペシャルメニューは1,500円前後となっています。

ミニーの画像【TDSのミニーのナットクラッカー】

このお店は、1階席と2階席がある広い店内となっているので
混雑日でも比較的安心です。

また、座席数は少ないですが2階にはテラス席もあります。

このテラス席からは、タイミングが良ければ
メディテレーニアンハーバーで開催されるショー
「レジェンド・オブ・ミシカ」や「ファンタズミック!」などが見られます。

▲ページの先頭へ戻る

カスバ・フードコート

アラビアンコーストにある、カレーが中心の飲食店です。

同じカレーでも、ディズニーランドの「ハングリーベア・レストラン」よりも
本格的な味になっていて美味しいです。

ただ、ここのカレーは
普通に注文するとけっこう辛いです。

ですので、メニューによっては甘口も選べるので
辛いのが苦手な方には甘口の方をおすすめします。

ミニーの画像(TDSのアラビアンコースト)

メニューは
3種のカレー(チキン、ラム、シュリンプ)にライスとナン付で1,020円、
ビーフカレーにライスとナン付で960円、
チキンカレーにライスとナン付で780円、
トマトと蒸し鶏のサラダが410円・・・・などです。
(もちろん、他にもメニューはあります。)

座席数が多いので、混雑日でも比較的大丈夫なお店です。

▲ページの先頭へ戻る

フードワゴン

ディズニーシーでおすすめのフードワゴンです。

ユカタン・ソーセージドック
ロストリバーデルタの「インディジョーンズ・アドベンチャー」の近くにある
「エクスペディション・イート」で売っています。
ディズニーシーのフードワゴンの中で、私は一番好きです。
なかなかボリュームがあって男性にもおすすめです。
(お値段は430円です。)
うきわまん
アクアトピアとケープコッドの灯台の中間辺りにある
「シーサイドスナック」で売っています。
人気があって待ち時間の長い「ギョウザドック」よりも、
「うきわまん」の方が待ち時間が少なく、美味しいと思います。
(お値段は410円です。)
アプリコット・メープルシロップパイ
そんなに甘過ぎず、私は好きです。
ポートディスカバリーのエレクトリックレールウェイの近くにある
「ブリーズウェイ・バイツ」で売っています。
(お値段は310円です。)
ブラックペッパーポークリブ
けっこうボリュームがあります。
「フォートレス・エクスプロレーション」の近くにある「リフレスコス」で売っています。
(お値段は430円です。)

▲ページの先頭へ戻る

ポップコーン

ディズニーシーには色んなフレーバーのポップコーンがあります。
好みだとは思いますが、美味しい味から微妙な味まで色々です。

  • キャラメル味 (個人的には一番好きです。)
  • ブラックペッパー味
  • ソルト味
  • カレー味
  • ミルクティー味
  • ホワイトチョコレート味
  • ミルクチョコレート味
  • カプチーノ味
ドナルドの画像【TDSのオーバー・ザ・ウェイブ】

ポップコーンはずっと同じ味を発売している訳ではなくて、
年月と共に変化しています。

新作、販売が終了してしまった味、
また復活した味など・・・・その時々によって違ってきます。

デールの画像【TDSのリズム・オブ・ザ・ワールド】

ポップコーンを売っている場所はそれぞれ異なってきますので、
ディズニー公式サイトで地図をチェックしてみて下さい。
東京ディズニーシー・ポップコーンワゴンMAP

ちなみにポップコーンバケツ(スーベニアバケット)は
次回、空っぽになったバケツを持って行けば520円でおかわりが出来ます。

もちろん、前回とは違うポップコーンワゴンで違う味を購入しても大丈夫です。
(ディズニーランドで買ったポップコーンバケツも使えます。)

▲ページの先頭へ戻る

スーベニアカップ

ディズニーシーでは、
スーベニアカップ付きのデザートなどが販売されています。

これは、デザートとスーベニアカップがセットの商品ですので、
デザートを食べ終えたらスーベニアカップは持ち帰れます

ですので、ご自分へのお土産として購入するのも
スーベニアカップ付きデザートの楽しみの一つです。

(希望すれば、デザートのみの購入、
スーベニアカップのみの購入も可能です。)

ダッフィーのスーベニアカップの画像

プリンやムースなどのデザートはプラスチックのカップに入っていて、
そのプラスチックカップごとスーベニアカップの中に入れられているので、
デザートの汚れがスーベニアカップにつくことはあまりありません。

また、スーベニアカップの持ち帰り用に透明のビニール袋が貰えます。

▲ページの先頭へ戻る