ディズニーの割引きパスポート > ディズニーの期間限定の割引きパスポート

ディズニーの期間限定の割引パスポート

キャンパスデーパスポート(学生向け割引チケット)
過去の期間限定の割引パスポートについては、それぞれのリンク先をご覧下さい。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る

期間限定の割引パスポートについて

ディズニーでは「県民パスポート」、「首都圏ウィークデーパスポート」といった
発売期間や地域、年齢などが限定された
お得な割引パスポートが発売されることがあります。

この割引パスポートの内容は
通常の1デーパスポートと同じで、
「東京ディズニーランドか東京ディズニーシーのどちらかを一日楽しめるチケット」となっています。

ミッキーとミニーの画像【TDLのお正月パレード】

ただ、この期間限定の割引パスポートは毎年必ず発売される訳ではなく
発売される期間なども年によって微妙に違ってきます。

(この割引パスポートは、
「首都圏パスポート」、「ウィークデースペシャルパスポート」、
「〜県民パスポート」、「〜県民感謝週間」、「東京都限定パスポート」、
「アーリーサマーパスポート」・・・・などと言われています。)

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る

2016年のディズニーの割引パスポート

2016年(平成28年)の期間限定の割引パスポートの販売は、
現時点で分かっているものは以下となっています。

チップとデールの画像(ポートディスカバリーのアトモスフィア)

夏5 ウィークデーパスポート

  • 利用期間・・・2016年7月19日(火)〜2016年8月31日(水)の平日
  • 販売期間・・・2016年5月19日(木)〜2016年8月31日(金)
  • 対象者・・・・・全国の方 (対象者は限定されていません。)
  • 除外日・・・・・土曜・日曜・祝日(平日限定のパスポートです。)
  • 料金・・・・・・・ \4,400
             (大人・中人・小人 均一料金)
  • 内容・・・・・・ 午後5時から入園できる、平日限定のお得なパスポートです。
  • 注意点・・・・・入園制限時には利用できない場合があります。
            (→ディズニーの公式サイトはこちらです。)

夏5 ウィークデーパスポートは、購入方法が数多くあります。

東京ディズニーリゾートでは、
前売券と当日券の両方の販売があります。

当日券は、ディズニーランド・ディズニーシーのチケット窓口などで購入できます。
(普通にパークのパスポートを購入する時と同じ場所です。)

また、ディズニー公式サイトでのネット購入(ディズニーeチケット)も可能です。

他にも、主な旅行会社、
ディズニーストア(一部店舗を除く)、
生活協同組合(カタログ販売)、
JR(JR北海道、JR西日本、JR九州を除く)
主なコンビニエンスストア、
主な私鉄の主要駅などでも購入できます。

首都圏ウィークデーパスポート

  • 利用期間・・・2016年4月6日(水)〜2016年7月15日(金)の平日
  • 販売期間・・・2016年3月4日(金)〜2016年7月15日(金)
  • 対象者・・・・・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・山梨県に
             在住・在勤・在学の方限定
  • 除外日・・・・・土曜・日曜・祝日(平日限定のパスポートです。)
  • 料金・・・・・・・大人 通常\7,400 → \6,800 に割引
             中人 通常\6,400 → \5,900 に割引
             小人 通常\4,800 → \4,400 に割引
  • 内容・・・・・・ 1デーパスポートが割引価格となっています。
  • 注意点・・・・・入園制限時には利用できない場合があります。
            パーク窓口で購入の際には、
            首都圏に在住、在勤、在学が証明できるものが必要です
             (→ディズニーの公式サイトはこちらです。)

首都圏ウィークデーパスポートは、購入方法が数多くあります。

東京ディズニーリゾートでは、
前売券と当日券の両方の販売があります。

当日券は、ディズニーランド・ディズニーシーのチケット窓口などで購入できます。
(普通にパークのパスポートを購入する時と同じ場所です。)

※ただし、パーク窓口で購入の場合
首都圏に在住、在勤、在学が証明できるものが必要なので注意して下さい。

また、首都圏ウィークデーパスポートは
ディズニー公式サイトでのネット購入(ディズニーeチケット)も可能です。

ただし、ディズニーeチケットでの購入は
首都圏に在住の方のみの利用となっています。
(他の購入方法ですと、在住・在勤・在学の方が対象となっています。)

また、首都圏ウィークデーパスポートは
首都圏のJR主要駅、
主な旅行会社・私鉄・コンビニエンスストア、
ディズニーストア(一部店舗を除く)などでも購入できます。

シニアマルチデーパスポート

  • 利用期間・・・2015年4月1日(水)〜2016年3月31日(木)
  • 対象者・・・・・全国の65歳以上の方
  • 除外日・・・・・なし
  • 料金・・・・・・・2デーパスポート 通常\12,400 → \11,800 に割引
             3デーマジックパスポート 通常\16,600 → \15,800 に割引
             4デーマジックパスポート 通常\20,800 → \19,800 に割引
  • 内容・・・・・・ マルチデーパスポートが割引価格となっています。
  • 販売窓口・・・ディズニーランド・ディズニーシーの窓口、
            東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト(ディズニーeチケット)
            主な旅行会社、JR主要駅
  • 注意点・・・・・パスポート購入および入園の際に
             本人の年齢を確認できる物の提示が必要となることがあります。
ドナルドとデイジーの画像【TDSのクリスマス・ホリデー・イン・ニューヨーク】

なお、ディズニーから遠い地域(北海道、北東北、関西、中国、四国、九州、沖縄)は
首都圏近辺の都県で販売されている割引パスポートとは違って、
旅行会社でパック旅行を申し込んだ方限定の販売となっている場合が多いようです。

(首都圏近辺の都県で販売されている割引パスポートは、
パスポート単体での販売となっています。)

旅行会社によって、このキャンペーン期間に合わせて
ディズニー旅行のプランが色々と用意されているようですので、
旅行会社のパンフレットで比較してみると良いかもしれません。

(例えば、旅行会社によっては、ネットでのお申し込みですと
「北海道ウェルカム」のお得なパスポートに対応していなかったり・・・・と違いがあるようです。

調べきれていなくて申し訳ないのですが、
ご自分で地元の旅行会社のパンフレットを調べて頂いた方が確実だと思います。)

▲ページの先頭へ戻る

地域限定の割引パスポートの購入方法

地域限定の割引パスポートは対象となっている地域の
主な旅行会社、JRみどりの窓口、コンビニ、ディズニーストアなどで事前に購入できます。

(※販売窓口は割引パスポートの種類によって微妙に異なりますので、
それぞれのパスポートの詳細をチェックして下さい。)

先程も書いたように、
ディズニーから遠い地域(北海道、北東北、関西、中国、四国、九州、沖縄)は
首都圏近辺の都県で販売される割引パスポートとは違って、
旅行会社でパック旅行を申し込んだ方限定の販売となっている場合が多いようです。
(割引きパスポートは旅行会社での購入となります。)

ですので、ここでは
首都圏、長野県、東海エリア、南東北・新潟エリア、北陸エリアで
単体で販売されている割引パスポートについて書かせてもらいます。

ミニーの画像【TDSのレジェンド・オブ・ミシカ】

地域限定の割引パスポートを事前購入する場合、
旅行会社などで購入したパスポートは
正確にはパスポートへの引き換えが必要な「観光券」となっている場合が多いです。
(引換券、予約券、バウチャーなどとも言います。)

ですので、当日にディズニーで「実券(原券)」に引き換える手間がかかってしまいます。

そんな手間がかかるのが嫌な場合は、
ディズニーストアでの事前購入ですと
当日にそのままディズニーに入園できる実券(原券)を購入できるので、こちらがオススメです。

ミッキーの画像【TDSの三銃士アトモスフィア】

また、もしも地域限定の割引パスポートが
「ディズニーeチケット」(ディズニー公式サイトでのネット通販)でも販売しているようでしたら、
こちらも当日にそのままディズニーに入園できるのでオススメです。

ただ、「ディズニーeチケット」は
割引パスポートの種類によっては販売してない場合もありますので、
ご自分の欲しいパスポートが販売されているかチェックしてみて下さい。

デイジーの画像【TDSのミート&スマイル】

コンビニやJRみどりの窓口などで購入した場合は、
地域や店舗、タイミングによって
「観光券(引換券)」なのか「実券」なのか、どちらを購入できるのか違いがあるようです。

上記の「地域」による違いですが、
これは、関東エリアは実券での販売が多く
ディズニーから離れたエリアは観光券(引換券)での販売が比較的多いようです。

「タイミング」ですが、
これは同じ店舗であっても、その店舗の「実券」が完売した場合には
その後は「観光券(引換券)」の販売となる場合がある、ということです。

ミッキーの画像【TDSのミニーのナットクラッカー】

なお、観光券(引換券)のディズニーパスポートへの引き換えは
以下の場所で行っています。

  • 東京ディズニーランド・・・・・・・チケットブース
  • 東京ディズニーシー・・・・・・・チケットブースサウス、ノース

「チケットブースサウス、ノース」なんて言うと分かりにくいですが、
ディズニーランドもディズニーシーもどちらも普通にパスポートを購入する時と同じ
パークに着いたら目に入るチケット窓口のことを指しています。

一応、ディズニー公式サイトへリンクを貼っておきます。
東京ディズニーランドのメインエントランス・インフォメーション &チケットブース
東京ディズニーシーのパークエントランス・チケットブース

ミニーの画像【TDSのミニーのナットクラッカー】

参考までに、実券(引き換えはせずに、そのまま入園ゲートに並べるパスポート)の
画像を載せておきます。

実券は名刺サイズで、ディズニーキャラクターのイラストが描かれていて
サイドにはバーコードが入っています。

ディズニーパスポートの実券の画像
(これは地域限定タイプではなく、ごく普通の1デーパスポートの実券の画像です。)

この地域限定の割引パスポートは
対象となる地域で販売されているのですが、
販売対象者となるのは、その地域に在住・在勤・在学の方となっています。
(ディズニーeチケットでの購入ですと、在住の方に限定される場合もあります。)

ですから、例えば静岡県に住んでいる方が
お隣の神奈川県の会社に勤めていたとします。

この場合、その方は
静岡県が対象となっている東海エリア限定パスポートと
神奈川県が対象となっている首都圏限定パスポートの両方が購入可能となります。

▲ページの先頭へ戻る

割引パスポートの除外日について

割引パスポートには
除外日が設定されている場合があるので注意が必要です。

この除外日は、割引パスポートを持っていてもディズニーへ入園できません。

スティッチのモニュメントの画像

除外日はディズニーの混雑が予想される
土曜日・日曜日・祝日などに設定されやすいです。

ただ、除外日は全ての割引パスポートに設定されている訳ではなく、
除外日が設定されていない割引パスポートも多くあります。
(この場合は、期間内であればいつパークへ行っても大丈夫です。)

ですので、割引パスポートの購入前に
ご自分がディズニーへ行く予定の日が除外日となっていないか、
一度確認をしておくと安心かと思います。

▲ページの先頭へ戻る

ディズニーのパスポートの料金区分

ディズニーのパスポート料金の区分は以下となっています。
(3歳以下のお子さんは無料です。)

  • 大人・・・・・18歳以上
  • 中人(中学・高校生)・・・・・・12歳〜17歳
  • 小人(幼児・小学生)・・・・・・4歳〜11歳

▲ページの先頭へ戻る