東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルについて

東京ディズニーリゾート(TDR)には、
6つの東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルがあります。

  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ホテルオークラ東京ベイ
  • ヒルトン東京ベイ
  • サンルートプラザ東京
  • 東京ベイ舞浜ホテル
  • 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート (旧、東京ベイホテル東急)
ミニーの画像【TDLのミニパレード】

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルは
東京ディズニーリゾートの敷地内にあるホテルですので、
パークからホテルまでの距離が近く移動が楽です。

また、オフィシャルホテルに宿泊すると
特典があるのもポイントとなっています。

ですので、こちらのページでは
そのオフィシャルホテルの特典についてや、
おすすめのオフィシャルホテルについてご紹介させてもらいます。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る

おすすめの東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル

私はオフィシャルホテルの中では
「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」が一番好きです。

「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」は
宿泊料金が安く、客室がそこまで狭くはないのがポイントです。

過度な期待はできませんが、
宿泊料金に対してのバランスが良いと思います。
(料金よりも快適さを重視する方の場合は、別のホテルが良い気もします。)

このホテルは部屋にバルコニーがついているのですが、
バルコニーに出るとディズニーランドのパレードの音楽が風に乗って聞こえてくることがあって、
それだけで幸せな気分になってしまいます。

もちろん、海側ではなくパーク側の客室が私は好きです。
(おそらく一般的には、海側の方が良い景色だとされていると思います。)

ディズニーで遊び疲れたら一度オフィシャルホテルへ戻って休んでから、
また夜のパレードの時間になったらディズニーへ戻る・・・・なんていうことが出来るのも
オフィシャルホテルの利点ですね。

ミニーの画像【TDLのプリンセス・デイズ】

オフィシャルホテルの中で
お風呂の快適さを求めるなら、「ホテルオークラ東京ベイ」がおすすめです。

「ホテルオークラ東京ベイ」は
シャワーブースとバスタブが別々になっているのがポイントです。

また、普通のツインルームでも
バスルームは大理石でバスローブまで付いていますよ。

個人的には、朝食のバイキングのフレンチトーストが美味しくておすすめです。
(ただ、週末は混雑しやすい時間帯を避けた方が良いです。)

ドナルドの画像【TDSのサウンド・オブ・クリスマス】

また、オフィシャルホテルの中で宿泊料金の安さを求めるなら、
「サンルートプラザ東京」が一番なのではないでしょうか。

私は以前「サンルートプラザ東京」の「カジュアルルーム」に宿泊した事があるのですが、
客室はとても狭かったですが、その分宿泊料金が本当に安かったです。

寝に帰るだけだから安さが一番、という方におすすめです。

「サンルートプラザ東京」の公式サイトのインターネット限定プランで宿泊したので、
ビックリする程安かったですよ。
(特に、真冬の閑散期は激安になりやすいです。)

サンルートプラザ東京「クルージングキャビン」の画像

また、別の日には「サンルートプラザ東京」の
「クルージング・キャビン」という部屋に宿泊したら、
こちらは客室が可愛らしかったです。

確かに部屋はかなり狭いのですが、
まるで船室のような部屋になっていました。

サンルートプラザ東京「クルージングキャビン」の画像 サンルートプラザ東京「クルージングキャビン」の画像

私は、オフィシャルホテルに宿泊する時は
インターネット予約のお得なプランを利用するのですが、

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」では
チェックインの時に、一人につき7,000円払うと
スイートルームへ変更出来ます・・・と案内されたことがありました。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの画像

・・・・で、スイートルームという響きが素敵で宿泊してみたのですが、
後になって考えてみると
せっかくの安いプランだったのに、これはお得だったのかな・・・?と思ってみたり。

スイートルームだけあって広くて素敵な部屋だったのですが、
このスイートルームは海側の部屋だったのが残念でした。

少しでもパークを感じていたい私にとっては、
たとえ少ししかパークが見えないとしても
景色の良い海側よりも、パーク側が良かったりします。

シェラトンの部屋の画像 シェラトンの部屋からの景色の画像

オフィシャルホテルを予約する時は
「じゃらん」などのインターネット予約のお得なプランですと料金が安いのですが、

「サンルートプラザ東京」だけは、旅行代理店で申し込むよりも
「サンルートプラザ東京」の公式サイトにある宿泊プランを申し込んだ方が
料金が安いようにも思います。

ですので、サンルートプラザ東京に宿泊したい方は
サンルートプラザ東京の公式サイトもチェックしてみた方がお得かもしれません。

「サンルートプラザ東京」以外のホテルですと、
個人的にはじゃらんnet一休.comなどがおすすめです。

▲ページの先頭へ戻る

パークへの入園が保証される 【オフィシャルホテルの特典】

混雑日にはディズニーランド・ディズニーシーに
入場制限がかかることがあるのですが、

入場制限がかかったとしても
オフィシャルホテル宿泊者はパークへの入園が保証されています
入場制限については、こちらのページをご覧下さい。)

このパークへの入園保証は、
宿泊する当日と、宿泊した翌日の両方が保証されています。

ですので、春休みやゴールデンウィーク、お盆、
秋のハロウィンイベント期間中の連休、クリスマスイベント期間中の週末などの
混雑日にディズニーへ行く方には、この入園保証が利点となります。

デイジーの画像【TDSのテーブル・イズ・ウェイティング】

入場制限がかかっている時は
ディズニーランド・ディズニーシーの窓口ではパスポートを販売していないので、
パークへ向かう前にあらかじめオフィシャルホテルでパスポートを購入しておきましょう。

また、もし既に
日付指定がなく入場制限時は利用できないタイプのパスポートを持っている方の場合は、
オフィシャルホテルで「宿泊証明書」をもらえば
入場制限時でもパークに入園できます。

ちなみに、「パートナーホテル」と「グッドネイバーホテル」は
オフィシャルホテルと違って、入場制限時の入園保証はありません。

▲ページの先頭へ戻る

パークのチケットが購入できる 【オフィシャルホテルの特典】

ディズニーランド・ディズニーシーのパスポートを
オフィシャルホテルで購入できるので、
パークのチケット売り場に並ばないで済みます。

朝でない場合は、
チケット売り場はそこまで混雑していないことが多いので、メリットとしてはまぁまぁです。
(チケット売り場で全然並ばずに済む時間帯は多くあります。)

デールの画像【TDSのポートディスカバリーのアトモスフィア】

ですが、それで油断をして
オフィシャルホテルでパスポートを購入する機会のある方が、
パークでパスポートを購入するのは、時として少し微妙かもしれません。

実際に、私は2月の平日に
開園時間を20分過ぎた位にディズニーシーに到着した時に、
チケット売り場で30分以上並んだことがあります。

(この時、真冬の平日だけあって
入園ゲートには人が並んでいなかったので、
もしパスポートを事前に購入していたら、すぐにディズニーシーに入園できました。)

ですので、パークのチケット売り場でも
オフィシャルホテルでも、パスポートの料金は一緒ですので、
あらかじめオフィシャルホテルでパスポートを購入しておくことをおすすめします。
(特定の人を対象とした割引パスポートは別です。)

ミッキーとミニーの画像【TDSのウィッシュ】

また、上記の「パークへの入園が保証される」にあるように、
入場制限がかかっている時に
ディズニーランド・ディズニーシーへ行かれる場合は、
オフィシャルホテルであらかじめパスポートを購入しておきましょう。

また、今日はかなり混雑しそうだな・・・・・と予想できている場合は、
あらかじめオフィシャルホテルでパスポートを購入しておくと安心ですよ。

▲ページの先頭へ戻る

バゲッジデリバリーサービス 【オフィシャルホテルの特典】

舞浜駅の近くにある
「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」には
ディズニーオフィシャルホテルの各ホテル専用のカウンターがあるのですが、
そこで宿泊の確認が取れると、各ホテルまで無料で荷物を運んでくれます

電車でディズニーへ行かれる方で、
旅行カバンを持っているのでしたら是非活用して下さい。

コインロッカーに荷物を入れるよりも、お得で便利です。

また、ウェルカムセンターでは荷物を預けるだけでなく、
パスポートなどを購入することも可能です。

チップの画像【TDSのドナルドのボートビルダー】

「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」は
JR舞浜駅の改札を出て、すぐ左手にあります。

※オフィシャルホテル・サービスカウンターの
営業時間は、8:00〜15:00となっています。

ドナルドの画像【TDSのドナルドのボートビルダー】

また、こちらは有料のサービスではありますが、
「ステーションデリバリーサービス」というのもあります。

これは、チェックアウトの時にホテルで荷物を預けると、
帰りに「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」で
荷物を受け取れるサービスとなっています。

(受付時間は7:00〜12:30で、
荷物の引き取り時間は、受付時間によって違ってきます。)

▲ページの先頭へ戻る

ディズニーリゾートクルーザー 【オフィシャルホテルの特典】

ディズニーリゾートラインの「ベイサイド・ステーション」駅から
各ディズニーオフィシャルホテルまで、
「ディズニーリゾートクルザー」という無料のシャトルバスが運行しています。

ディズニーリゾートクルザーの画像

このシャトルバスは、アナウンスの声がミッキーだったり、
各所にミッキーモチーフが散りばめられていたりと、
ディズニーらしい夢のあるバスとなっています。

マフラーまでが、ミッキー型になっていますよ。

また、「サンルートプラザ東京」だけは
ディズニーランドからサンルートプラザ東京ホテルまでのシャトルバスも運行しています。

ディズニーリゾートクルザーの車内の画像   ディズニーリゾートクルザーの車内の画像
車内は、吊り革や座席までがミッキーモチーフです。

▲ページの先頭へ戻る

ディズニーファンタジー 【オフィシャルホテルの特典】

オフィシャルホテル内には、
パーク内で販売されている お土産を扱っている
「ディズニーファンタジー」というお土産屋さんがあります。

ディズニーランド・ディズニーシー
どちらのお土産も販売されているので便利ですよ。

(お土産屋さんの規模が違うので、
パーク内で販売されている全てのお土産が揃っている訳ではありません。)

ミニーの画像【TDSのリズム・オブ・ザ・ワールド】

▲ページの先頭へ戻る